競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

債権の回収方法

債権の回収方法
債権とは – ある人が、別のある人にに対してお金の支払い、貸したお金の返済などの特定の要求をできる権利をいいます。

債権を持つ人を債権者、債権によって要求を受ける人を債務者といいます。

債権は目に見えない”権利”を表す言葉ですが、債権を目に見えるようにしたのが債券です。

貸した金が返ってこない! 売掛金が焦げ付いた!
  * 貸したまま泣き寝入りはしたくない。 だけど、どうしていいかわからない
  * 借用書や契約書はないけどお金は取り戻せる?
  * 相手と連絡がとれないけどどうすればいんだろうか?
  * 内容証明を送ったほうがいいんだろうか?
  * 取引先が不渡りを出した!もうどうしようもないのだろうか?
  * 裁判は一人でもできる?
  * 裁判にかかった費用も払ってもらえるんだろうか?
こういった場合、最終手段は債権回収という法的措置を取ることになります。 もちろん、双方で債権についてしっかりと話し合いで解決できるのであれば、それが一番望ましい形ということになりますが、お金が払えないという状況にある方は、時に不誠実な対応をする場合があるのです。

債権回収の代行
回収する金額にもよりますが、自分で行うか弁護士さんに依頼をするかです。 弁護士さんとか債権回収業者のように国によって認可された人・組織以外、債権の代理回収は行えません。

自分でやるには時間と労力がかかり過ぎると思いますので弁護士さんに依頼した方が良いと考えます。

借金の取り立ての代行をしているのが、弁護士や認定司法書士(90万円以下の債権まで)なら、わりと話は簡単で、その資格を証明するものを提示してもらえば良いですし、弁護士会や司法書士会に問い合わせれば十分です。

裁判を利用する
少額訴訟制度 – 60万円以下の金銭支払に関する訴訟が対象となります。
ただし、請求金額が60万円以上であっても金額を分けて複数回の少額訴訟を起こすこともできます。

少額訴訟の効果
少額訴訟の判決で原告側の訴えが認められれば、必ず仮執行宣言が付くので被告側には支払義務が正式に発生します。それに従わない場合には判決内容の強制執行が可能です。

「この程度の金額なら裁判沙汰はないだろう」と甘く見ている相手方に対して少額訴訟は非常に効果的で、裁判所から訴状が届いただけでも、相手はかなり動揺するでしょう。実際、訴状が届いただけで、審理当日を前に「和解」という形で金銭トラブルが解決するケースがほとんどです。

なお、相手が正当な理由なく審理を欠席したら原告の不戦勝になります。

少額訴訟が向かいないケース
 ・相手方の所在が分からないと訴訟提起できません。
 ・判決に不服でもその上の裁判所(地方裁判所)に控訴はできません。
   (当該判決を下した簡易裁判所への異議申立ては認められます)
 ・被告が通常の民事訴訟に移行するよう求めた場合は少額訴訟はできません。
 ・かかった経費を負けた側に請求することはできません。
 ・金銭の請求以外には利用できません。
 ・相手方に支払能力がないと判断される場合には向いていません。

友人・知人へ貸したお金には時効が有りますので、時効にさせないことが重要です。 友人間のお金の貸借りの時効は10年です。

 

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2011/02/15/%e5%82%b5%e6%a8%a9%e3%81%ae%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback/
RSS FEED