競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

再評価 – 競売の入札価格の再評価

再評価とは
競売の特別売却期間を経ても買い手が付かない、また売却条件の変更等により、売却基準価額を再度見直す事を言います。

基本的には売れ残ってしまった物件に使われる場合が多く、再評価が実施される物件には何らかの問題が多いとも考えられます。

競売の取消し 民事執行法第68条3項
特別売却でも売れなければ再度鑑定(再評価)し直し、または、再評価しないで価格を下げ再び入札期日が指定されます。

それでも落札者が出なければ同じことを繰り返しますが、3度繰り返しでも落札者が出なければ債権者に通知し、3ヶ月以内に買受人が居ることの手続きをしない限り、競売は取消となります(民事執行法第68条3項)。

この時点で一旦、取消となれば競売はなかったことになりますから、任意処分以外に方法はなくなります。

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2011/02/03/%e5%86%8d%e8%a9%95%e4%be%a1-%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%81%ae%e5%85%a5%e6%9c%ad%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%81%ae%e5%86%8d%e8%a9%95%e4%be%a1/trackback/
RSS FEED