競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

金銭消費貸借契約とは

金銭消費貸借契約とは
お金の貸し借りの契約書です。
単純なお金の貸し借りに関する契約書は、金銭消費貸借契約書となります。

お金を借りる借り主が、貸し主から金銭を借り入れてその金銭を消費し、その借入額と同額の金銭(利息付の場合は利息分も含めて)を貸し主に返済するという契約のことです。

金を借りるということは、そのお金を使うことが目的です。 使ったお金そのものを返すことは出来ませんので、借りた額と同額のお金を用意して返すことになります。

このように、借りた物が使用消滅してしまうために、借りた物と同種・同質・同量の物を返還する約束を消費貸借といいます。

不動産の購入者が購入資金を銀行などの金融機関から融資を受ける場合、その金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結することになります。

一般的には、不動産の購入者は購入する不動産を抵当として金融機関に差し入れ、金融機関がその不動産に抵当権を設定します。

そして、金銭消費貸借抵当権設定契約では主に次の条項について取り決めがなされます。
1) 借入金額、利率、返済期日、遅延損害金
2 ) 延滞が発生した場合の遅延損害金の利率や債務者の信用状況の悪化が生じた場合の措置について
3) 抵当権設定について
4) 不動産が滅失した場合における追加担保の差し入れ
5) 不動産の売却、賃貸借等の制限
6) 火災保険への加入
7) 連帯保証人または保証会社による保証について

金銭消費貸借契約のことを金消契約と略して言う場合もあります。

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2011/01/22/%e9%87%91%e9%8a%ad%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%b2%b8%e5%80%9f%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/
RSS FEED