競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

強制競売

強制競売とは
債務(借金)を返済できなくなった人の不動産を裁判所が差し押さえて、競争入札によりなるべく高く不動産を売却し、債権者への支払いにあてる制度です。

例えば、ある人が、お金を借りていて、返済できなくなったときに、その人が、マンション・一戸建・土地などの不動産を所有している場合、債権者は、その不動産に抵当権が付いてなくても、裁判所に訴えを起こすことができます。

その判決に基づいて、裁判所に、”不動産を売却し、その売却代金から優先的に弁済を受けたい” と裁判所に申してることになります。 そして裁判所が売却手続きを行うことを強制競売といいます。

競売に事件として扱われ、そして事件番号が付きます。
競売事件番号の中に平成○○年(ヌ)第○○○○号という場合があります。 それが強制競売のを表します。 例として相続関係でこじれたケースなどでよく見受けられます。

強制競売のメリットと強制競売のデメリット
競売にかかる方のデメリットは市場価格より2、3割安いことがほとんどなので、落札金額が債務額を下回ることが多いのです。

競売が終わってからも返済できなかった債務の返済が引き続きある。

裁判所が行う競売であるから通じ誰でも物件情報を見ることができるため、不動産業者が頻繁に訪れることもある。

競売にかかる側としてのメリットとしては裁判所が売却の手続きを勝手にやってくれるので、殆ど何もしなくて良い。

入札する側としてのメリットは当然安いことだがリスクも存在します。
建物内部は執行官が撮影した写真を見て判断することになりますが、現状渡しが原則なので落札後に発見された構造上の瑕疵等の修復費用は落札者が負担しなければなりません。

また落札後、元の所有者が不法に居座り続けるケースもあり得ます。 その場合には、裁判所に引き渡し命令の申し立てを行い、執行官による強制立ち退きも可能ではありますが、相応の費用がかかるし、立ち退き費用は原則立ち退く側の負担だが、話し合いにより落札者が立ち退き費用を負担せざるを得ない場合も多々起こりえます。

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2010/12/16/%e5%bc%b7%e5%88%b6%e7%ab%b6%e5%a3%b2/trackback/
RSS FEED