競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

共同入札

共同入札とは
一つの財産を複数の者で共有する目的で入札することをいいます。
共同入札は事前に執行官または行政機関の許可を要します。 入札者間の関係を証明する公文書を必要とします。 これら許可書は、入札書に添付することになります。

共同入札の場合の所有権
共同入札における所有権の持分は、参加申し込み時に裁判所または行政機関へ提出する “共同入札者持分内訳書” の内容のとおりになります。

持分の内訳は、共同入札者が任意で決めることが可能です。

所有権の名義変更
共同入札においても、参加申し込みおよび入札した方のみに権利移転します。 権利移転の登記後であれば、その物件の処分に制限はありません。

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2010/12/10/%e5%85%b1%e5%90%8c%e5%85%a5%e6%9c%ad/trackback/
RSS FEED