競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

占有者の立退き

自分が借りているマンションが競売にかかってしまった場合:

落札者(新しいオーナー)の意向に従わないといけません。 ただ、元のマンションの持ち主が借金の抵当に取られる以前から住んで居る場合には、強制的に立ち退かされる行為は取られません。
ですが、多くの場合には住宅ローンを使って購入をし、そのローンの返済が滞ったための競売のケースが多いので、強制退去から逃れられる賃借人は余り多くはないとおもいます。

占有者の立退き

抵当権の設定以前から借りている住人の場合
立退きについては、通常は裁判所から占有する権利を認められている占有者は強制的に立退かせることはできません。

その権利を認められている占有者というのは、抵当権の設定以前から賃借している住人です。 この場合の賃借人は当然、保護される対象になり、落札後も継続して住むことができる権利が有るのです。

しかし、裁判所から占有する権利を認められていない占有者、つまり所有権移転後の前所有者や不法占有者などは、立退かなければなりません。

トラックバックURL

https://2do3reset.us/2010/10/18/%e5%8d%a0%e6%9c%89%e8%80%85%e3%81%ae%e7%ab%8b%e9%80%80%e3%81%8d/trackback/
RSS FEED