競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

連帯保証人

住宅ローン保証会社は銀行の味方だよ


ローン保証会社は銀行の味方
ローンの保証会社は銀行のためにあるような組織で、ローンの利用者には何のメリットも無いように思われますが・・。


住宅ローンにおける保証会社の役割というのは、ローン利用者の保証人になってくれる会社なのです。 もし仮にローンを利用した人がローンの返済できなくなった場合には保証会社が代わりに返済してくれることになります。 したがいまして、利用者はローン保証料という手数料を支払わないといけないのです。


融資を受けた金融機関に返済ができなくなり、このローン保証会社が利用者に取って代わって借金を全額返済した場合、今度は、そのローンを保証会社に返済しなければならなくなるのです。


言い換えれば、融資元が銀行から保証会社に代わっただけです。 ただし、この保証会社では分割の返済を認めてくれないのです。


銀行に返済したローンの全額を、一括して返済してって凄んで来るのです! 『今は、お金がないので返済をチョットだけ待って』なんて言い訳は一切受け付けてはくれません。


『一括で全額を返済してくれないのなら、競売で不動産を処分します!』と言って来ます。


ローン保証会社と手数料を払って契約をしたのに、保証会社に返済額を請求されるのは納得が行かないと憤慨する方々が居ますが、保証会社は金融機関に対して利用者が返済出来なくなったら、その人に代わって返済を保証しますという意味の返済保証なのです。


残念ながら利用者を護ための保証では無いのです。

連帯保証人の悲劇


子供の頃から親に、絶対に連帯保証人にはなるなと皆さん教わって来たはずなのですが・・。 しかし、連帯保証人を頼まれると断れない関係も事実ありますよね。


お金を借りた本人がコケてしまうと、必ずや連帯保証人にもトバッチリが及びます。 ですが、いかにその被害を小さく押さえるかが任意売却業者の技ではないでしょうか。


ローンを組んだ張本人(債務者)の返済が滞り始めると、債務者に返済するよう督促して欲しい等の連絡が債権者から保証人の元に入るようになります。


そして、債務者が期限の利益を喪失すると、債権者からの呼出しや請求が始まり、この段階で保証人としてではなく実体は債務者として扱われるようになります。


その後は、返済についての交渉が具体的に実行され、法的手続きをされる可能性がでてきます。


したがって、債権者との対応は、差本的には債務者と同じだと考えてください。


連帯保証人が、債務者に代わって返済するためにご自分の自宅等の不動産を処分し、その売却代金を債権者に返済した場合、特例として譲渡所得税は課せられません。


自宅等の不動産を売却し譲渡益が発生すれば、通常は譲渡所得税が課税されますが、連帯保証人としての責任を果たすため、自宅を処分してまで返済したのに、そのうえ譲渡所得税を課せられたのではたまったものではありません。


この特例は、連帯保証や物上保証等の保証債務者が、その保証債務弁済のために不動産を処分した場合についてのみ適用されます。


ただ、譲渡所得税を課せられない特例を適用するにはいくつかの要件があります。


1.連帯保証や物上保証の保証債務返済のために譲渡する。


2.求償権の行使を債務者や他の連帯保証人にできない。


3.特例の申請は確定申告による。


これらの要件が譲渡所得税を課せられない特例の要件になります。 より詳し内容は税理士さんにご相談してください。

競売と連帯保証人


連帯保証人制度とは、たとえば金融機関でお金を借りて本人が返せないとき、その人に代わって全額返済する義務を負う仕組みのこと。

ただの「保証人」であれば、債務者の返済能力を証明すれば肩代わりの必要はなくなるが、連帯保証人にはその権利が無い。 いわば、自分が借金を背負うのとまったく同じなのです。

連帯保証人になったばっかりに、生活破たんや一家離散や夜逃げや自殺の要因になっているといわれています。 

結婚を期に、ローンを組んでマイホームを購入。 その時に奥様のお父様に連帯保証人になってもらっている。 しかし、数年が経過、愛も無くなり外に愛人が出来、そして離婚。 離婚と同時に、ツキも落ちたのかローンの返済が出来なくなってしまい、裁判所から競売の通知。

問題は、連帯保証人が付いている場合の競売は自分だけの自己完結とは行かないのです。
別れた奥さんのお父様はヒョットしたら自己破産をしなければならなくなるのです。 それも60歳以上のお年寄りだったらモットモット悲惨な結果になるかもしれないのです。

連帯保証人の付いている不動産の競売、私たちのような経験の豊富な任意売却業者にお任せください。 

RSS FEED