競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

共有名義を持っている片方が自己破産

自宅を失う結果となる場合があります。

自己破産は清算手続きです。
したがいまして破産者の所有不動産は競売にかけられることになります。 そして、現金化(換価といいます)され各抵当権者への配当へ回されるのが原則です。

共有持分といえども財産の一部ですので、換価手続(競売)へ回されます。
競売で共有持分のみで売却されることになりますが、競売になる前に抵当権者の方より、もう一方の共有者にたいして購入の意志の有無を確認してくると思います。 この時点で金策をして夫の持ち分を買取っておかないと全てを失うことになります。

共有部分の、売却は困難であることは確かですので、以下のパターンが考えられます。

(1) 自己破産者の共有者である片方の協力を得て全体として売却する。

(2) 破産していない片方が、自己破産者の持分を買い取る。

(3) 自己破産者側がどこからか資金の援助を得て、そのお金を配当に回すことによって不動産の売却を免れる。

旦那様と奥様のそれぞれ1/2づつの持分で所有している、一戸建が有ったとします。

旦那様は借金が多く自己破産したと仮定します。 自己破産をされると不動産のうような大きな財産は競売で処分され現金化されます。 しかし、その場合の奥様の持分は競売されませんがご主人様の持分は競売にかかります。

その競売で買い受けた方(山田さんとします)は、奥様に対して明渡請求は出来ませんが、山田さんは奥様を相手として共有物分割請求が出来ます。

一戸建ですので分割できませんので、山田さんの持分と奥様の持分、つまり全部の持分を競売することが出来ます。

そして、この競売で買い受けた方(鈴木さんとします)は、持分全部の所有となります。 そうなると、今度は、鈴木さんは奥様に不動産の明渡の請求をすることが出来ます。

奥様が明渡したくないなら、山田さんが競売する前に山田さんから持分を買えば良いわけです。

奥様は、鈴木さんに対しては負債はありませんから供託して競売を免れることは出来ません。

このように複雑に権利関係が入り組んでいる不動産の競売を好んで落札する方々が居ます。 理由は、相場よりもはるかに安く不動産を手に入れることが出来るためです。 その多くは怖い怖い世界をバックに背負った方々です。

トラックバックURL

http://2do3reset.us/2010/09/23/%e5%85%b1%e6%9c%89%e5%90%8d%e7%be%a9%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%89%87%e6%96%b9%e3%81%8c%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%a0%b4%e7%94%a3/trackback/
RSS FEED