競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

競売申立予告の通知

住宅金融支援機構の例をとってご説明いたします。
フラット35の返済が行き詰まり、再三の返済督促にもかかわらず、支払いがなされない場合には当然のことながら競売にかけられます。

住宅金融支援機構は民間の金融機関とは違い、競売に持って行くまでに何段階もの救済的通知を発行してくれています。 この競売申立予告通知もその一つです

この通知は実質、最後通告的意味合いを持つ重大な書類です。
この競売申立て予告の通知を受け取った時点でなら返済方法の変更等などの相談には乗ってもらえる可能性は有ります。 また、ある程度まとまった返済をすると競売の手続きがストップする場合も有ります。


フラット35の返済が出来なくなったときに届く競売の通知の例




重 要
                                          平成 ○○年 ○○月 ○○日
                                             住宅金融支援機構
                                                 △△ 支店長

競売申立予告のご通知
お客様にご融資いたしました住宅融資のご返済につきましては、受託金融機関からの再三の督促にもかかわらず、長期に延滞されましたことは甚だ遺憾に存じます。

 今後、このまま延滞を継続された場合は、お客様との融資関係を継続することは不可能と判断し、直ちに保証協会から代位弁済を受けた後、融資物件の競売に着手することとなりますので、あらかじめ予告いたします。

 尚、お客様が当機構との融資関係を継続することをご希望の場合には、○月○日までに以下の住宅金融支援機構業務取扱店までご連絡願います。





競売になると

1) 裁判所が融資住宅を差し押さえて、お客様の同意なく、強制的に売却します。
2) 売却に伴い、融資住宅にお客様がお住まい頂くことは不可能になります。
3) 競売はお客様が任意に売却される場合より安価に売却されることが多いため、任意売却に比べて、より多くの借入金が残る可能性が大きくなります。よって、延滞解消が不可能な場合は、任意売却を検討されることをお勧めします。








*本状と行き違いにお支払い済みの際は悪しからずご了承ください。
ご連絡先
  住宅金融支援機構業務取扱店
   〒000-0000 大阪府大阪市西区靱本町0-0-0
   株式会社△△△銀行靱本町支店 ローン業務センター
   電話 06-0000-0000 内線 000





この競売申立予告通知は、このまま未返済状態を続けると裁判所に競売を申立てますよという最後通告です。 競売でマイホームを失いたくないのであれば、今すぐに上記の連絡先に電話を入れてください。

また、全く返済金がご用意できないのであれば、マイホームの任意売却を考えてみてはいかがでしょうか?

競売で家を奪われるのは愚の骨頂です!
私たちが競売で終わらないよう全力で当たらさせていただきます。

トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e7%94%b3%e7%ab%8b%e4%ba%88%e5%91%8a%e3%81%ae%e9%80%9a%e7%9f%a5/trackback/
RSS FEED