競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

競売と自己破産

競売と自己破産
自己破産はやはりしたくないものでしょう。
競売で不動産を取られて、それで全てが完了というケースは少ないのです。 一般的には、競売が終わった後には、返済仕切れない借金・住宅ローンだけが残ります。


残った住宅ローンとか借金は当然のことながら返済を迫られますし、返済をしなければなりません。 残った住宅ローンの場合での返済する額は滞納する前に返済していた額と同じくらいか、それよりもやや少ない額でしょう。


自宅は競売で失っても、住宅ローンは引き続き返済しなければならない・・。
これって悲劇だとは思いませんか? 借りたお金は返すが責任の有る行いです。 当然、借りたお金は返さないといけません。 ですが、返したくても返せないから競売で家を処分したのです、貸してくれた人には申し訳ないけどゴメンなさいで、自己破産されてはいかがでしょうか。


私たち、競売再生機構にご相談くださる方々の中には、『競売後半年間は返済を続けたけど・・、もうダメです。 自己破産します。』と言って自己破産をされたり、『2年間頑張ったけど、もう行き詰まりました。』と言って自己破産をされます。


遅かれ早かれ自己破産をすることになるのなら、競売後即、自己破産をされておいた方がヨロシイのではないでしょうか? お得という言い方をすると語弊が有りますが、半年間返済したアレは何だったのとか2年間返済した分のアレは何だったのってことになりませんか?


前記いたしましたが、借りたお金は返済することが責任の有る行為です。 ですが、自分の生活を最優先しなければならないのではないでしょうか。 競売後、自己破産も選択肢の一つとして考えに入れてみてはいががでしょう?


UR都市機構と競売と自己破産
UR都市機構のマンションを購入している方がローン返済を滞納すると競売以外ありえません。
UR都市機構では任意売却を一切認めておりません。 ただ、北海道の一部とか地方のURの中には任意売却を認めてくれるところも有るという報告をもらっています。


UR都市機構の負債が13兆円も有るというのに、競売よりも多くのお金が回収できる任意売却を認めないのは納得がいきません。 ですが債権者が競売でしか駄目だというのであればしかたがないですね。


こんなUR都市機構です。 競売後には遠慮なく自己破産をされて借金をキレイにチャラにしてみてはいかがでしょう。


競売でしか行かないのはUR都市機構だけではありません、何社かの金融機関でも競売でしか行かないところがございます。 いくつかの理由が挙げられます。 その理由の一つに、売買価格の透明性というのが有ります。 競売での価格は裁判所が確定した数字です。 これ以上透明性の有る金額はないことになりますので、万が一税務署の査察が有っても金融機関が売買価格の適正性を立証する手間が省けるのです。
 

トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%81%a8%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%a0%b4%e7%94%a3/trackback/
RSS FEED