競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

競売でローンが全額返済できない場合には

競売で不動産を処分しても、借金全額が返済できるケースは極まれです。
多くの場合には、多額のローンが残ります。 ローンは当然、借りたお金ですので、返済しなければなりません。 家を取られようと取られまいと借りたお金ですので返済の義務が有ります。

競売と任意売却との大きな違いがここに有ります。
競売後の返済額は、債権者が、”この位なら月々返済できるだろう” と、大まかな予想で決定します。 しかし、任意売却は任意売却業者が依頼人・クライアントさんの収支状況を参考にしながらクライアントさんの生活に影響の出ないレベルの返済額を債権者にお願いするのです。 返済額はマチマチですが、月々5,000円くらいの場合も有りますし、20,000円くらいの場合もあるのです。

競売後自己破産をし、免責を受けて約7年間はブラックリスト入りです。
約7年間はローンを組んだり、カードを作ったりはできませんが、それ以外の生活には余り支障は無いです。

自己破産のネックは響きでしょうか?
やはり、自己破産をするということは精神的にかなりキツイものが有るとおもいます。
近所にも仲間にも同僚にも、自分は自己破産者だということは知られたくないものです。 しかし、背に腹は変えられないでしょう! 世間体よりも自分自身の今後の生活ですよ!

私たちは競売後、絶対に自己破産をしろとは言いません!
やはり借りたお金は返すのが筋だと思いますので、しかし、無理なものは無理なのが現実なのではありませんか?

競売の通知が届いてしまっているのなら、ご相談ください。


トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%81%a7%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%8c%e5%85%a8%e9%a1%8d%e8%bf%94%e6%b8%88%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a0%b4%e5%90%88%e3%81%ab%e3%81%af/trackback/
RSS FEED