競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構の設立目的
独立行政法人住宅金融支援機構法
第一章・第4条【機構の目的】
独立行政法人住宅金融支援機構(以下「機構」という。)は、一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、国民の住生活を取り巻く環境の変化に対応した良質な住宅の建設等に必要な資金の調達等に関する情報の提供その他の援助の業務を行うほか、一般の金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的とする。 参考: 独立行政法人住宅金融支援機構法


住宅金融支援機構とは、2007年4月1日に発足した、住宅金融公庫の業務を継承している独立行政法人のことです。


支援機構は、住宅金融等の業務を行うことを目的とした独立行政法人で、
住宅金融支援機構の所管省庁は、国土交通省と財務省です。


この住宅金融支援機構が提供している主力商品が、長期固定金利住宅ローンのフラット35で、フラット35とは、金利が変わらない固定金利の住宅ローンです。


フラット35は固定金利のため、住宅ローンの返済額が確定しているので、
金利の変動リスクが無く、長期のライフプランを立てやすいメリットが有る
住宅ローンです。

トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e4%bd%8f%e5%ae%85%e9%87%91%e8%9e%8d%e6%94%af%e6%8f%b4%e6%a9%9f%e6%a7%8b/trackback/
RSS FEED