競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

任意売却から競売へ切り替える

任意売却から競売に変更する!


滅多に有るケースでは有りません!
理由は、任意売却から競売に切り替えるメリットは余り無いからです。 ですが、任意売却業者さんに良いようにヤラレてしまっていると解った時には任意売却を中止して競売に切り替えてしまうのもアリだと考えます!


任意売却業者さんの中には、任意売却の引越し代に色々な名目を付けて中間搾取をして来ますので注意をしてください。


引越し代とは、全額依頼者に渡るべきお金です。
しかし、その引越し代を喰いモノにする業者も居ます。 例えば、事務手数料、引越し代交渉料、引越し業者手配料、残置物処分料、●●料、▲▲料などと訳の分からない名目で差し引いて来ます。


そもそも引越し代の交渉という行為は、任意売却に含まれる事務作業です。 にも関わらず事務手数料とか引越し代交渉料なんかを請求して来るのは言語道断です! こんな請求なんてあり得ないことです!


任意売却の依頼人に、『●●さん、引越し代90万円出ました。 で、これらが経費としてかかりましたので引越し代から差し引かせて頂き、●●さんへは20万円を現金でお支払いいたします。』って言われたら、ちゃぶ台返しを食らわせてやるべきです!


もっとも、色々な名目の中間搾取が妥当だと思うのであれば、敢えて事を荒立てる必要はありませんよ。


例えば、購入者から引越し代が50万円出ているのであれば、その50万円全額を依頼者はもらう権利が有るのです。 100万円出ているのであれば100万円全額もらうべきなのです。


その引越し代に納得できなければ、任意売却をやめて競売にしましょう!
この時点で競売に切り替えると、落札されるまで住んでいることができます。 そして、落札後ダダを捏ねずにスンナリと明け渡すことを落札者に申し出れば20万円・30万円は出してもらえるかもしれません。


任意売却で引越し代の金額が出る時点まで進行していた場合、多くの方々に多大な迷惑をかけることになります。


ですが、喰い物にされることを考えると、競売に切り替えてしまった方が、その業者にも仕返しが出来るでしょう~! 最後の最後に一発喰らわしてやるとよいのでは! 俗に言う、ケツをまくってやるのです!


ただし、自己責任で行ってくださいね!


競売にしてしまうと云うことは、以後、自分だけで孤軍奮闘しなくてはなりません。 もっとも競売の場合には、ほとんど交渉事は有りませんせんので、落札されてから、債権者から返済額と方法の話合いと落札と立退きの話合いくらいなものです。


悪徳業者に鉄槌を!




トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e4%bb%bb%e6%84%8f%e5%a3%b2%e5%8d%b4%e3%81%8b%e3%82%89%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%81%b8%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%82%8b/trackback/
RSS FEED