競売の通知が届いてもまだ道は残されています。 任意売却という選択肢もお考えください!

不動産競売で住宅ローンを使う

不動産競売でも住宅ローンが利用できる

競売で住宅ローンを利用して物件を購入する場合には注意が必要です。

一般の不動産を購入するのであれば、売買契約時に「住宅ローン審査が通らない場合の特約条項として白紙解約」という条項を付けておけば、たとえ手付金を払っていた場合でも住宅ローン審査が通らなかった場合、契約は白紙撤回され、手付金も全額返還されます。

しかし、競売物件を購入する場合、落札後に資金のめどがつかず残額の支払いができない場合には、入札保証金といういわば手付金の性質をもつお金は全額没収されてしまいます。

ですので、競売物件の購入に際し、住宅ローンを利用しようとする場合には、融資を申し込む金融機関とよく打ち合わせをする必要があります。
(落札後には、落札価額から保証金の額を控除した額のほかにも、所有権移転登記に必要な登録免許税なども別途必要です)

しかし、住宅ローンによる融資をしてくれる金融機関はまだまだ少ないのが現実です。 地銀や信用金庫、信用組合、労金では、融資がされた例もあるようですが、その競売物件によほど価値があり、住宅ローンによる融資を受ける人の返済能力にまったく問題がなく、その銀行の上客でもない限り住宅ローンの審査もしてくれないのが現実です。

住宅ローンを利用した競売物件の購入を検討するならば、都市銀行よりは地銀や信用金庫、地銀や信用金庫よりはノンバンク系の金融機関からの融資を考えなくてはなりません。

ノンバンク系金融機関からの融資は比較的容易ですが、金利の高さなどから考えると、一般的な居住用の住宅を購入する際にはメリットは薄いと思われます。

どうしても、住宅ローンを利用した競売物件の購入を考える際には、まずは金融機関に打診してみましょう。

トラックバックURL

http://2do3reset.us/%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%81%a7%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%86/trackback/
RSS FEED